忍者ブログ
HOME > > [PR] > 雑記 > 「空気や水と一緒」  

 当ブログは、移転いたしました。まもなく移動します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いきなりで申し訳ないが、プロジェクトXをご存知だろうか。
その中で国産OS「トロン」を製作した坂村健さんがこのようなことを言っていました。
「基盤になる物(OS)は空気や水と一緒。」
空気や水と一緒と言うことは誰にでも触れられると言うこと。
「有料にして利益を稼ぐという考えは初めから無かった。」と。
一方、当時大普及したマイクロソフトのOSは有料で多額の利益を得ていた。
確かに、OSは、ハードウェアやソフトウェアの基盤となる物です。
つまり、トロンは誰でも自由に取ることができ、改造まで出来るというのです。

これを私のソフトウェアと重ねてみると、まず「無料」という基準はクリアしています。
しかし、技術力の高いソフトウェアは一部登録制にしています。
なぜなら、その技術の代償や苦労を使用者に支払って欲しいためです。
ただ、私はその代償や苦労をお金にして要求するつもりはありません。
ここは人個人の考えによって変わってくるところだと思いますが、
ソフトウェアを使うことによってコンピュータの「便利さ」
「楽しさ」を気づいてもらえるきっかけになれば、私は
お金などを支払っていただかなくてもよいと思っています。


プログラムを作る元のソフトウェアも無料ですし、プログラミングを趣味レベルとして
やっている間は、完全なボランティアであると言うことです。
ソフトウェアがコンピュータの便利さや楽しさに気づいてもらう
「基盤」であるというのならば、ソフトウェアを有料にするということは、
ケチケチした、いわば利益優先という路線を歩んでいることになるのです。

ただ、元のソフトウェアが有料であれば
さすがに全てを無料にするわけにはいかないでしょう。
最低限のレベルで使う人々にお金を支払ってもらい、それで赤字を解消するような
どこかの会社のような感じになってしまいますが、この場合は仕方がないのです。

ましてや、有料のソフトウェアでソフトを作ったにもかかわらず
人々に便利や感動を届けるためにそれをフリーウェアと
しているのであれば作者には大変な感謝をすべきでしょう。


結論として、
・誰にでもソフトの便利さ、動く感動などを伝えたいのであれば「無料」
それに加えて、自分のソフトがいくらでも派生して欲しいのであれば「オープンソース」
・利益を確保しなければ生きていけないというのであれば「有料」
→その分、お金を支払えない人には一切使わせないという厳しい政策をしていることになる
→使用者が減り、その分貴重な修正の意見などが減る
→「誰でも使える」事が一番大切ということなのである。
それに加えて、
自分のソフトがいくらでも派生して欲しいのであれば「条件付きオープンソース」


ソフトウェアが、空気や水と同じ物かどうか。
同じと思っている人は、とっととオープンソースでソフトを公開しているでしょう。
しかし、最近のインターネット事情を見てみると少し表に出た瞬間から悪用される。
今までの「自由」は通用しなくなってしまっているのです。
そのような面から自分の技術や財産を守るために
有料にして本当に
信用できる人々にのみ使わせるなどといった考え方が
広まってきているのは否定できない事実です。


世の中の仕組みが根本的に変わらない限り、
以前のように
ネットに「自由」があふれる空間を取り戻すことは出来ないでしょう。

拍手

postこの記事にコメントする(コメント欄のみ必須)
お名前
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
オープンソースにできない自分。
私は、自分が作ったソフトウェアを、
クリエイティブコモンズなどのライセンスを与えて、
使用は無料、無断再配布も可なんてことは出来ますが、
オープンソースというのは、なかなか出来ないです。
それに再配布はOKでも、改変は禁止にするでしょうし。

しょぼいソフトウェアでも、
よほどしょぼいものでない限りは、
やはり、苦労してできたものがありますから。
Masanori 2008/08/21(Thu)11:32:28 編集
Re:オープンソースにできない自分。
しょぼい物だけをオープン、無料、にする考えの人が多い中で脚光を浴びているのはやはり悪用を覚悟してでも高機能なソフトをオープンソースの無料で公開している人々ではないのでしょうか。
【2008/08/22 18:09】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[450]  [410]  [409]  [387]  [365]  [361]  [348]  [341]  [340]  [337]  [325
ぷろふ
名前:
yama
一言:
関東在住。PC歴10年超。自作も得意。最新技術はぬかりなく追いかけます。ブログ王 人気ブログ
問合せはこちら
こめんと
[08/28 名前未設定]
[08/22 通りすがり]
[07/24 名前未設定]
振り返る日常 Produced by yama
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]
PR