忍者ブログ
HOME > > [PR] > 最新ニュース > 「あなたと違うんです」 緊急分析  

 当ブログは、移転いたしました。まもなく移動します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、福田首相の「あなたと違うんです」発言がネット上で盛り上がりを
見せているようなので、便乗して改めて詳しい分析を行ってみたいと思います。
確かに、あの言葉に関しては最初の会見内容の文章を書く時点、
それ以前の中継の映像の時点で
「最後に突いたな」という印象を率直に持つのです(笑)

まぁ、あぁ、人ごとのようにとあなたはおっしゃったけれどもね、
私は自分自身を客観的にみることは出来るんです。
あなたと違うんです。

まずは一行目の文章、
「自分自身を客観的にみることは出来るんです。」から。
「人ごとのように聞こえる」という質問に対して、
いわば「人ごとを否定」しているということになります。
まあ「人ごと」の意味の解釈によって考え方も変わってくるとは思いますが、
ほとんどは人ごとのように考えて、時々客観的な考えになる。
と少しだけ認めているような感じも見て取れます。

二行目の文章、ここが話題になっている部分です。
「あなたと違うんです。」
あなた=記者と考えると、
「あなたとは質問の仕方が違うのです。(レベル1)」
「あなたとは考えることが違うのです。(レベル2)」
「あなたとは格が違うのです。(レベル3)」
など、いくつか展開して考えることが出来ます。
あなたとどこが違うのかと考えた時に、そこをあえて
言わなかったのはまだ記者がぶつけた質問の結論(自民党政権~)が
良かったからでしょう。
これらは推測した物であり、具体的に首相がどのような点が異なるのかはまでは
言及しませんでしたが、おそらくレベル2の
「考え方の違い」を言いたかったに違いありません。

そして、言った後にサッカーでいえば最後の最後にゴールを決めたのと
同じような感覚の達成感を首相は持っていたような気もします。
記者との質問に10分前後もアドリブで応答し、さすがに
多すぎる記者、レベルの低い質問に
いらついていたのもわからないことではありません。
態度で示さず、都合上言葉でしか応答が出来ない首相が
最後に取った反抗手段、と考えることも出来ます。
確かに映像として全国民に生放送されたのですが、ほとんどこの会見の
元を握ったのは音声分野ではないでしょうか。
映像として顔が写っても、それは存在だけ。
このような会見の時には、文章という、言葉という、
それを感じ取ることが出来る音の方が重要になってくるのです。

最後に結論
あなたとは違うんです。
記者とは違うんです。
当たり前ではないだろうか。
当たり前のことを発言するということは、
首相としてどうかしているのではないだろうか。


最後の最後に批判派に回った私なのでした。

拍手

postこの記事にコメントする(コメント欄のみ必須)
お名前
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[453]  [451]  [450]  [410]  [409]  [387]  [365]  [361]  [348]  [341]  [340
ぷろふ
名前:
yama
一言:
関東在住。PC歴10年超。自作も得意。最新技術はぬかりなく追いかけます。ブログ王 人気ブログ
問合せはこちら
こめんと
[08/28 名前未設定]
[08/22 通りすがり]
[07/24 名前未設定]
振り返る日常 Produced by yama
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]
PR