忍者ブログ
HOME > > [PR] > 最新ニュース > 「広告の文字が小さい」NTTを公取委が排除命令  

 当ブログは、移転いたしました。まもなく移動します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

電話番号案内「104」で問い合わせた番号に接続するサービス
「DIAL104」の広告を巡り、利用したら割高になることを記載しなかったのは
不当表示だとして公正取引委員会は13日、
景品表示法違反(有利誤認)でNTT東日本と西日本の2社に対し再発防止などを
義務付ける排除命令を行った。 


排除命令を受けた理由をまとめてみた。
両社はサービスを開始した07年7月、JRなどの駅に掲示したポスターや
車内の中づり広告、新聞広告、テレビCMなどで「電話をそのままおつなぎします」と記載
→接続料金が通常より割高になることを記載せず
   →9月以降、CMや広告で別途料金がかかることを記載したが、文字が小さく目立たず
       →公正取引委員会が指導


この頃、
今頃になって改めて公正取引委員会の存在に気づく人が中にはいるのではないだろうか。
公正取引委員会は、
「広告などの偽装表示」「景品などの偽装」などなどを担当している委員会。
もし違反項目が見つかればレベルに従って指導などをする。
以前では携帯競争と呼ばれたときにauやKDDI、
ソフトバンクモバイルの3社に対し「けんか両成敗」といわんばかりに指導を行った。
その結果、広告の下の※・・・・の文字の大きさが大きくなってきている。
また、複雑な条件付きのサービスよりも
単純で簡単なサービスを望んでいるのは誰でもそうである。


NTTは、この頃暴走気味ではないだろうかと予測する。
光電話や光インターネットの普及によって、利益が上がってきた。
「もっと客は増えないだろうか・・・」
こういう、つまり利益を追求してしまうばかりに、
客へのサービス対応がどんどん衰えって行っているのである。
利益を追求し、サービスもすばらしいという完璧な会社は存在しない。
両方を目指そうとすると、必然的にコストが高くなり、結局断念するのである。

目指したい会社のビジョンを決め、
それに従って経営を続けていくのがもっとも妥当ではないかと思う。

拍手

postこの記事にコメントする(コメント欄のみ必須)
お名前
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[221]  [217]  [210]  [206]  [205]  [199]  [195]  [191]  [185]  [178]  [169
ぷろふ
名前:
yama
一言:
関東在住。PC歴10年超。自作も得意。最新技術はぬかりなく追いかけます。ブログ王 人気ブログ
問合せはこちら
こめんと
[08/28 名前未設定]
[08/22 通りすがり]
[07/24 名前未設定]
振り返る日常 Produced by yama
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]
PR