忍者ブログ
HOME > > [PR] > 最新ニュース > 携帯電話、水に弱すぎ? 高機能化の影で  

 当ブログは、移転いたしました。まもなく移動します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

携帯電話機の水濡れによる不具合について、「水に濡らすような使用はしてないのに
有料で修理することには納得がいかない」「この程度の水濡れで故障するのは
欠陥品ではないか」といった苦情が多く寄せられている。
このため、国民生活センターが携帯業界に「防水」機能を備えるよう要請した。
最近の携帯電話の高機能化もあって、苦情件数は右肩上がり。
同センターは、「消費者とメーカーのあいだの認識にギャップがある」と指摘している。
このような苦情が相次ぐ背景には、携帯電話の高機能化やトレンドがある。
ある政府関係者は「以前はストレート型が主流だったが、今では折り畳み式が主流。
液晶部が回転、カメラが搭載されるなど多機能になり、
部品が多くなっていることが背景にある」と指摘する。
また、携帯電話事業者の店舗担当者も「次世代携帯の機種のほうが水濡れに
弱いという印象がある。さらに携帯は基板が水濡れすると命取りだが、
スライド式や折りたたみ式だと水濡れしやすい」と明かす。
しかし、防水機能がある端末を作るのは開発が難しく、
メーカーも及び腰になっている。店頭でも数機種しかないのが現実だ。


まず、水漏れではないのに水漏れと認識し修理を有償にするのは
これはショップ側の責任ではないだろうか。
そもそも無償修理と言うことは客にとっては無料で良いかもしれないが、
メーカー側にとっては明らかに損失である。
ましてや携帯業界という
料金競争の激しいこの時期にいかなる損失も計上したくはないはずだ。
よって、客 vs 店員 という本来店員が譲るべきところを真っ向から勝負していく、
いわば末期の状態なのである。
そもそも、余裕がないから譲ることなど不可能に近いのである。

そして、多機能化による搭載部品の増加傾向。
これがより携帯の防水能力を脆弱にさせているのである。
そもそも、パーフェクトに防水できる製品などほぼ存在しない。
電気製品を防水化すると言うことはあらゆる隙間も埋める、つまり、
熱暴走などの危険が高く、容易にはできないのが現状である。
ただ、日常生活において水に触れる場面は決して少ないとは言えない。
むしろ多い家庭もあるだろう。
携帯電話が一人に一台気軽に持てるようになった今の時代、
雨に濡れてでも壊れない程度の防水能力は必要になってきているのではないだろうか。


客     「一滴の水で壊れたではないか! もっと防水はできないのか!」
メーカー 「防水機種の開発は難しい物がございまして・・・」
客     「なんだと? 客の要望に応えられないのか?」
メーカー 「わかりました・・・ ご意見として今後の開発の参考にさせて頂きます・・・」

客 vs 店員の勝負はいろいろなケースがありむしろ日常茶飯事と言えるので、
客がメーカーにクレームを投げるという設定で話を展開してみた。

このように見ると、いかに客とメーカー(開発側)にギャップがあるかが理解頂けるだろう。
つまり、ずれが生じているのである。
これらは防水だけではなく、他の問題においてもこのような展開となっている場合が多い。


サービスというのは人間と人間の対面で成り立っているのだから、お互い様である。
正しくするべきところはただし、反省すべきところは反省して次に生かす。
客に喜んでもらえるサービスを投入するという意欲も大事である。
意欲に対して客が関心を持ってくれれば、こっちの物である。
今の時代は、まさに「サービス競争」ではないだろうか。
料金の安いところ、老舗ながらも品質の良いところ・・・・など。
だが最終的にはサービスは人と人が接するので接客能力の高いところが優位となる。


結論づけると、
今の日本は、
サービス意欲が他国と比べて低いのではないだろうか。

メーカーおよび企業は、お客様および取引先を大事にする必要があると思う。

拍手

postこの記事にコメントする(コメント欄のみ必須)
お名前
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
当たり前・・・
電子機器を水にぬらしたら、普通は壊れるなんて
あたりまえじゃないですか?

ぬれた手で触るユーザ、
水滴1つを落とすユーザが悪いんですよ。
例え、水滴1つでも壊れるときは壊れるでしょう。
当たり前です。

そんなにいやなら防水携帯にすればいいんですよ。

こういうときって、いつも
携帯電話会社が悪いみたいにいわれるんですよね・・・。かわいそうに。

非常識なユーザが絶対的に、悪い!
Masanori 2008/05/22(Thu)20:49:13 編集
無題
それがいやだから防水携帯への
ニーズが高くなっているんですよ。

このギャップ、ですね。
yama 2008/05/22(Thu)21:10:14 編集
両立は難しいか。
まあ、でも
高機能ケータイと、防水ケータイは
なかなか両立できませんよね・・・。

それでもがんばって、機能をつけた
防水ケータイもありますけど

やっぱりフルスペックケータイは
これでもか!というくらいに
デバイスを凝縮していますもんね・・・。
中々難しいでしょうねえ・・・。

結局、欲しい機能が無いといけませんから
Masanori 2008/05/23(Fri)23:24:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[268]  [267]  [241]  [240]  [238]  [226]  [222]  [221]  [217]  [210]  [206
ぷろふ
名前:
yama
一言:
関東在住。PC歴10年超。自作も得意。最新技術はぬかりなく追いかけます。ブログ王 人気ブログ
問合せはこちら
こめんと
[08/28 名前未設定]
[08/22 通りすがり]
[07/24 名前未設定]
振り返る日常 Produced by yama
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]
PR